空を見上げるキミがいるから

ROでは洛陽が実装されてたりしますが。
後 回 し(ぇー

で、今日はワイルドアームズ4の感想です。
結論から言いますと、非常に面白かったデス。
えぇ、直前にやってたのがラジアータだったから余計にな(ぉ

○戦闘システム
今回一番の目玉かもしれない。
7つに区切られたHEXというマスを舞台に繰り広げられ、
行動の結果は、大体はHEX単位で決まる。
つまり、敵が2人居るHEXに攻撃すれば両方にダメージが入るし、
仲間全員が同じHEXに居れば、同時に回復させることができる。
当然相手の攻撃も同時にくらう事になるので、さじ加減が重要。
分散してダメージ受ける人数を減らすか、
同HEXに置いて回復・補助の魔法やアイテムを全員に適用させるか。
もちろん複数HEXに効果を持つ技もあり、戦略はさらに拡がる。
行動順は、キャラの反応の数値によって決まる。
例えるなら、FFTのアクティブタイムバトルって言ったらわかり易いかも。
仲間の役割もキッチリ分けられてるので、
それぞれの特性を活かした戦いを考えたりするのが楽しいのですよ。
慣れない内は複雑そうに見えるけど、テンポがいいのですぐ慣れる。

難点を挙げるとするならば、
通常戦闘で、運の無さすぎる配置になってしまう場合がある事か。
回復役1人が分断されて囲まれてるとか、どうにもならん_| ̄|○

○音楽
音楽はもちろん、なるけみちこ作曲。
いやー、ホントこの人いい曲作るわー・・・って出来です。
なるけサウンドは、私の肌に合ってるんだろうなぁ。
個人的には、前作のアルターコードFのが好きではありますが。
場面場面に合った、それでいて飽きない曲ばかりだと思いますよ。
テーマ曲・エンディング曲の麻生かほりさんも、GOOD。
あぁ、またサントラを買ってしまいそうだ・・・。
で、何回も聴いてる内に更にハマる・・・と。

長くなったのでこの辺で。
続きはまた今度。
[PR]
by sturmfahne | 2005-04-27 23:46 | 他のゲームの事
<< うぁー 某ゲームキャラ人気投票終了 >>